dw821memories’s blog

映画の感想などを書いていく予定です

【映画感想】THE FIRST SLAM DUNK

 原作のラストからどうやってストーリーを繋げてくるのか、どういう作りなのか、そこを一番楽しみにしていた。どんな内容なのかは全く調べずに出来るだけ早く観に行きたかった。全くバスケには興味はないけどスラムダンクだけは好きなのは俺だけじゃないはず!

 何らかのストーリーの続きを期待していたがそうではなく、原作の山王戦をアニメ化して宮城リョータの過去を織り交ぜた内容で、完全新作というよりリメイクに極めて近い。キャラクターの動きが実写の人の動きを取り入れたようなロコスコープ風の作りで、TVアニメ版と全く質感が違う。原作の絵がそのままリアルに動き出しているような雰囲気がある。人間のような動きで漫画のようにデフォルメされた感じがなく、好みが分かれるかもしれない。僕はリアルな雰囲気が好きな方だ。

 やはりどうしても山王戦の結末は知っているので、「次に何が起きるんだろうか」という期待感が薄い。試合と交互に挿入される宮城リョータの過去がシリアスな話で、山王戦特有の熱感が途切れ途切れになってしまっているような感じもある。率直に思ったのは、回想シーンは原作の主人公桜木花道のものではなく脇役の宮城リョータになっているのも少し違和感があった。その為、桜木花道の存在感がとても弱く感じた。主人公はどう考えても桜木しかない。脇役の宮城のパートから山王戦を行ったり来たりするので主人公がブレてしまって感情移入がしずらい。山王戦に戻った時にはどうしても宮城リョータは主人公になりきれない。特に山王戦は最も桜木の活躍が目立つ試合で、例えばこれが翔陽戦で三井を主人公にしたならば違和感はなかったかもしれない。普通に桜木花道の何らかの回想を織り交ぜた方が良かったかもしれない。

 一番テンションが上がったのは後半終了間際、主題歌が流れながら両チームのメンバーがコートに戻っていく場面。クライマックスをバリバリの音楽で盛り上げる!!勿論、映画館は音響が素晴らしく、大音量なのにとても心地良い。これは原作だけでは決して味わえない、アニメ化だからこそ味わえる感覚だ。

 今作品はどちらかと言うとファン向け、原作を知った上でこそ楽しめると思う。山王戦は確かに最終章で盛り上がるけど、スラムダンクの良さの一部でしかない。物語全体では山王戦は起承転結の結で、初めから結を観てもたぶん面白くないというか、深みが全くないだろう。紆余曲折があってついに山王戦まで漕ぎ着けた湘北メンバーの物語がある。もし映画版だけを観たなら絶対に原作も読んで欲しいと思う。ちなみに僕が一番好きな場面は陵南戦で木暮がスリーポイントを決めて回想シーンに切り替わる下り。思い出すだけで泣けてくる。作者がスラムダンクで表現したい事、言いたい事があのシーンに詰まっているような気がする。 

 題名の『THE FIRST SLAM DUNK』の意味がちょっとよくわからなかったが、単純にセカンドもあるのだろうか。やはり山王戦のその後を観てみたいが、あの続きを作るのはもうとても難しそう。普通の大人になった彼らを描いても興醒めするだろうし。ちなみに今作のエンドロール後にワンシーンがあるのでしっかり最後まで観る事を勧めておく。

【映画感想】A.I.

 20年ぐらい前、この映画を観た友達が「さすがスピルバーグだな」と言っていたのを思い出し借りてきた。高度な子供の人工知能ロボット(デビット)が難病で昏睡状態の息子がいる家族の元にテストを兼ねてやってくる。デビットに母親に対する「愛」をインプットし、その後、昏睡状態の息子が目を覚まして、そこからその家族とデビットとの葛藤やコミュニケーションを描いていく話と思っていたら違っていて、途中でデビットがトラブルを起こし、あっけなく捨てられてシークエンスが終わるところが意外な展開で面白い。

 家族編が終わるとロボット狩り編に突入して映画の雰囲気がガラっと変わる。他のロボットがまるでゾンビのように雑に扱われていて結構楽しい。途中で「ドクターノウ」という情報検索センターの場面があって、ここが少し時代を感じた。わざわざ情報センターに行く状況(例えば今はスマホがある)や、いちいちカテゴリーを選択して質問をしないとまともな答えが出てこないという不親切設定で、高度なロボットがいる割には検索の性能が低すぎる。

 2000年後の未来編は完全にファンタジーで宇宙時間という概念がなかなか面白い。本当に時空にありとあらゆる情報が記録されているかもしれない。そんな気がしてくる。

 デビットの愛は人工的な愛で、ただ盲目的にひたすら母親に忠誠心があるような、本質的には『ターミネーター2』のT800と変わらないような気がする。T800はただひたすらジョンコナーを守る事をインプット。守るためなら何でもする。機械的なプログラムにただ従っているだけなのだが最も父親らしいT800。その状態に近いものをデビットに感じた。さらに劇中に出てくる他のロボットが相当知能が高く、自発性もあって、ジョーやテディはデビットを思いやる能力がある。それこそ本質的な愛とも言える。他に出てくるロボットの知能が高すぎるため、デビットにプログラムされた愛の定義が少しあやふやで霞んで見えた。一方、T800は最後の最後で本当の愛に気がつくという、派手なアクションだけじゃない『ターミネーター2』はどこまでも凄い!

【映画感想】日本統一23

 前回のラストで氷室に暗殺されたはずの丸神会幹部が談合の場面で出てくる。話し合いの場面などはまとめて先まで撮影されていると思われる。あの時、若宮が何を言ったのかは今作でもわからない。

 氷室蓮司は沖縄、田村悠人は北海道、撮影もそれぞれ現地で行っていて凝っている。旅行のような雰囲気もあり、また、氷室と田村が静と動のように対照的に描かれている。北海道の田村たちが本場の蟹を食べてるシーンは本当に美味しいそう。足掛かりのあった北海道中の組長を集めて侠和会に入れと命令、次の日に言うことを聞かない組長4人がいきなり犠牲に!回を重ねるにつれて殺しの扱いがどんどん軽くなってきている。もはや時代劇のチャンバラで誰かが斬られているようなノリだ。最初の方の日本統一の殺しの扱いや事後処理は慎重だったが、もうあまり深く考えない方いいだろう。一方、沖縄の氷室は誰一人死人は出さず、人間力で一気に落とし込む。非の打ち所がない。

 あっけなく極山会が丸神会の傘下になる事で抗争は終結する。残るは脱会した進友会。会長の平川進が氷室蓮司とタイマンを仕掛ける。喧嘩する理由がいまいちよく分からないのだが、最初の銃の撃ち合いはたぶんわざと外しあっている。殴り合いは氷室の勝利、勝った俺の言う通りにしろと共に歩く事を平川も決意。氷室のタバコに火を付ける平川が少し切ない。不器用な漢、平川進。博徒と組みたくない、神農会も侠和会の傘下、丸神会にも入る気なし、どうしようもない状態でも面子だけは守りたい漢。そんな漢を変えるたった一つの方法はタイマン勝負で負かす事だったのかもしれない。代紋を変えて傘下に入る理由が殴り合いの喧嘩に負けた事にすれば、面子は保てる。平川を生かすためにも氷室にとっても負けられない喧嘩。思い起こせば大宮和也との喧嘩では氷室が負けそうになった為に悲劇が起こった。大宮が叩きのめされて負けていれば、取っ替え引っ替え親を変える事を認めないまま、負けた事を理由に相手の言うことに従える。面子も保てるし、死なずにも済んだかもしれない。時として相手を負かす事の重要性を深く考えさせられる!

 元工藤組組長渡部がいい味を出している。氷室蓮司暗殺に一度失敗(氷室が防弾チョッキ着用)していながら、今度はついに川谷暗殺を決断。元渡部組幹部が笑みを浮かべながら「へい!すいません!」とやる気が伝わってくる。川谷を暗殺して工藤会長を復活させ自分も侠和会に復帰するという無謀プランを画策中。もはや彼らに謂わゆる死亡フラグが立っていると思われるが続きが気になる。次は『日本統一24』。

【映画感想】スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け

 レイがルークの子供ではなかった。エピソード7を観た時、間違いなくそうだと思ったが違っていた。これは僕の勝手な推測だが、少なくともキャスティングの時点ではルークの子供という設定だったと思う。理由は、とにかく顔の特徴がそっくりで、目元や口元が若い頃のルークにとてもよく似てる。レイはなんとパルパティーンの孫。パルパティーンって人間だったのか?レイの見た目は普通の人間。確か人間の姿は仮の姿で、青白くて皺だらけのモンスター風の姿が本当のパルパティーンのはずだったような。

 ベンが暗黒面に入ってしまった理由が今作でも全く触れていなかった。エピソード8でスノークに既に取り込まれていたという話しかなくて、ベンがカイロレンになってハンソロまでも殺してしまうような何らかの理由や過去は全く描かれていなかった。アナキンが暗黒面に堕ちてダースベイダーになる経緯のような深い設定がない。ベンが深い悪に堕ちる理由が全く描かれていないのは少しモヤが残った。

 最後の闘いでランドが仲間を引き連れてファルコンを操縦しているシーンは泣ける。昔コクピットにいた仲間はもういない。グルっと一周して最初の持ち主の元に帰ってきたファルコン号。ファルコンはもはや乗り物ではなく重要な登場人物だ。ここでスターウォーズのテーマが流れるのが最高。確かオーケストラのスターウォーズのテーマは今までのシリーズではオープニングとエンドロールしか使われていなかったとような気がする。ここぞという場面で使うからこそ良い。

 今作でパルパティーンが出てきた事でシリーズ全体の捉え方が少し違って見えた。旧三部作だけ観ればそれはルークの物語。旧三部作と新三部作を合わせて観ればそれはアナキンの物語。全部合わせて観れば悪の根源パルパティーンの始まりと終わりを描いた壮大な物語。もし何も知らずに最初にエピソード1を観たら、まさかあの優しそうなパルパティーン議員がダースシディアスだとは思わないだろう。エピソード1のエンディングでは完全に仲間みたいだ。今作によってパルパティーンが諸悪の根源と明らかになりラスボスとして最後まで君臨する。スターウォーズシリーズはパルパティーンの物語だったんだ。

 レイが死んだ時、こういう終わり方もありだと思った。悲しいけど全て一件落着。だけど死んだと思ったレイは生き返り、ベンは死ぬ。これがもし逆だったらストーリーは完結するだろう。そう、僕が思うにエピソード9ではまだまだ沢山の伏線を残している。レイがシスの血を引いている紛れもない事実、これがエピソード10の全ての始まりとなるだろう。平和の維持のため同盟軍同士の小競り合いをフォースの力で治めている内にいつの間にかシスとなるレイ。圧政女帝レイ・パルパティーンの物語がたぶんそのうち始まる!埋められたルークとレイアのライトセーバーを取りに来るのは新たな主人公だろう。新たな主人公vsレイ・パルパティーンの超三部作がきっと始まる!

【映画感想】日本統一22

 些細な事が大騒動になる。丸神会豊中組がカタギと喧嘩して、そのカタギが跳ね返って極山会系進友会のたこ焼き屋の店員の腹を刺して死なす。火種がでかくなり、その状況を極山会植木(ムショ兄弟)が氷室に相談して事態はますます悪化。祭りの喧嘩が極山会と丸神会の抗争に発展し、そこに侠和会が首を突っ込む。抗争をなくしたいのか発展させたいのか、色々と考えさせられる。

 出所した川上が丈治を殴る場面が面白い。川上曰く、丈治は甘やかされていい気になっている。座布団は川上の方が上(山崎組若頭)。将来的に丈治を四代目山崎組組長にするのは氷室の意向で川上にも伝えてある。丈治がやぶれかぶれで怒鳴るシーンが笑える。敢えて怒らせて丈治をその気にさせる教え方がうまい。

 氷室と田村がそれぞれ丸神会幹部を暗殺する場面はあまりにも唐突に感じた。極山会と丸神会の抗争なのに勝手に割り込んで殺す必要があるのかないのか、いまいち分かりずらかった。若宮が進友会の葬儀に行くと言い出した時、元敵の鶴見も「俺も行く」と言ってくれたり、一つになりつつあった。後半で氷室が若宮に考えを聞く場面があって、そこから急にシーンが切り替わって暗殺場面に。若宮が何かを伝えた、お願いがあった、そう匂わせるシーンだが何を言ったのかはわからない。

 カタギになったはずの元工藤組幹部がまたまた氷室暗殺計画を企てている。川谷と氷室のタマを取れば侠和会に復帰できるとの事。本当にそれが上手くいくのか?続きが気になる。

【映画感想】ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

 話の推進力がやや弱く感じた。エピソード4より過去を描いていてお馴染みのキャラクターが出てくるのだが、当然彼らはどんな場面が起きようとも死ぬことはない。ハンソロのイメージも今まで通り。いっそのこと、主人公ハンソロを全く別のイメージで描いても良かったかもしれない。新三部作の話の推進力は心優しいアナキンが何故ダースベイダーになってしまったのかに尽きる。もし最初から悪ガキだったら面白くなかっただろう。どうして変わったのか、それが推進力になっていた。例えば、若い頃のハンソロは誰とも会わずに町の片隅で機械をいじっていて引っ込み思案の暗い青年にすれば、どこでどう変わるのか、それが話の最大の推進力になる事は言うまでもない。

 今作ではお馴染みキャラの初めての出会いや場面が上手く描かれていた。チューバッカが初めてファルコンの副操縦席に座った時にテーマ曲が流れて胸熱シーンで盛り上がる!L3という女性型ドロイドもいい味を出していた。

 次に何が起きてもメインキャラは決して死なないのだけれども、そういった部分を補完する意味でも今作で話の推進力を担っていたのはハンソロの彼女のキーラだ。キーラは後のシリーズでは出てきていない。真っ先に思い浮かぶ結末は色々あった末、彼女が死ぬ事だろう。キーラがハンソロのサイコロのアクセサリーを持ったまま離れ離れになるから、後で必ず二人は出会うと予想できる。3年後に偶然出会った彼女は雰囲気が変わっていて、何があったのか、この先どうなるのかが気になる。これが今作の最大の推進力になるのだが、最後は死にはしないものの結局帝国側に行ってしまい去っていってしまう。切ない終わり方がとても良くて、続きが気になる。その途中でダースモールが出てきて一瞬時系列が混乱してしまった。今作ってエピソード1より前の過去だったか?そんなはずはない。後で少し調べた結果、ダースモールはあの時死んでいなかったとの事。すごい生命力だ。

 ラストシーンでベケットが撃たれるのだが、てっきり後ろから帝国軍にやられたとばかり思っていたのだがハンソロの早撃ちだった。ベケットが死ぬ理由がいまいち描き切れていないような気がする。裏切る事を計算に入れてハンソロが裏の裏を取った作戦だったはず。あそこは一旦仲直りする場面では?

 盗んだブツが偽物だと思わせておいて実は本物だったという下りがたぶん『ミッションインポッシブル』にもあったと思う(ゴミ箱にテープをほかるような場面、違うかもしれない)。これなんか似たシーンがあったと思って最初思い出せなくて、もやもやして思い出せなかったけど思い出せた!

【映画感想】日本統一21

 氷室蓮司がついに侠和会若頭に。侠和会幹部に田村、村上、中島、渋谷と山崎派がどんどん加わっていく。一つ気になった事があって、侠和会幹部、いわゆる直参になるということは山崎組から巣立って上で横並びになるという立ち位置のはず。日本統一の最初の頃、上田組から三上が直参になった時のように。「己の道を行ったれい」巣立つ三上に上田が贈った言葉である。田村悠人は直参になったという事は山崎組から巣立っていて、直参川谷組組長の位置付けである。それなのに氷室蓮司を中心として山崎組の事務所に座っているのは本来はあり得ないはず。直参として自分の組があるのだからそれぞれがトップで仕切っていくはず。山崎組の会議はまるで仲良しサークルのような雰囲気になりつつある。少し設定が変わったかもしれない。

 氷室らの高校時代も描かれる。ここも少し状況が違い、以前の話では氷室には親がいなかった話や父親とは深く関わりがなく全くヤクザの話はしなかったとか、そんな説明だったと思う。今作の回想シーンでは高校時代の時に親父の組員(藤代組)が自分の家を出入りしていたり、いろいろ面倒を見てもらっていたりして、それなりにその筋と既に関わりがあるように描かれていた。母親や姉も出てきて暮らしぶり自体は裕福そうにも見える。そう、氷室蓮司は既にこの頃からエリート極道コースど真ん中にいたのだ。さらには、田村悠人はもちろんのこと、後の龍征会メンバーの川上、町田、斉藤も出てくる。町田と斉藤は敵不良グループ。母が危篤状態にも関わらず、蓮司は木刀持って悠人を助けに行き、父親は日本刀を持って瀧島を助けに行くという、親子の宿命が交互に対比して描かれていて素晴らしい!

 高校時代から氷室の面倒を見てくれた丸神会藤代組組長棟方龍治。そんな棟方に川谷が侠和会に入れと強引な無茶振り。もう板挟み状態。新体制の侠和会の次の敵は丸神会か。ちなみに元工藤組組長渡部はカタギになった模様。エンドロールの曲も変わった。前の曲の方が渋かったかな。